手のしびれは頸椎ヘルニアが原因?

突然手のしびれが気になるようになったという人がいますが、手のしびれとは一体どのような原因があるのか?体に不調がみられると不安な気持ちになりますよね。

手のしびれが起こる原因というものを、これから紹介していきたいとおもいます。

まず手のしびれが起こる原因で多いのが、神経が圧迫されているという事ですね。

この症状は、末梢神経が圧迫されている状態になっているために、手のしびれが起こると言うものです。

手のしびれと言っても、どのあたりなのか、指もしびれるか、そういった事を踏まえて考えると、末梢神経のどのあたりの神経が圧迫をうけている状態なのか解明できます。

このように神経の圧迫というのは、頸椎ヘルニアなどが原因になっていることもありますので、首の凝りなども一緒に症状として現れてくるようになっていたら、整形外科を受診してみるといいでしょう。

手のしびれは、頸椎ヘルニアによって引き起こされる神経の圧迫で起こることが多いのですが、頸椎ヘルニアにも様々な症状がありますので、首を後ろに傾けると激痛が走るといった症状や、肩の凝りがいつまでも消えないときには、頸椎ヘルニアから手のしびれがきていると考えてもいいかもしれません。